コメント
更新が遅れて追いつけないので、2017年より2018年を先に書込みしてます。
今年の撮影目標
1.ダンゴウオの抱卵 
日 付
天 気
気 温
水 温
通算本数
今年の本数
本日の本数
 5月13日
曇り一時小雨
17度
10度
1289本
37本
2本
潜水場所
青森県 夏泊 大島P
数日前に雨予報で、前日に曇り予報に変わったので、降雨の可能性が低い夏泊へ。 一時、小雨はあったものの、風も弱く、潜る事が出来ました。 大島Pで昨年、初めて見たダンゴウオ幼魚、今までなぜ見つける事が出来なかったのか?不思議なほどいました。 1本目、駐車場中間からエントリー、エキジットで沖壁から戻る途中、水深10m位でダンゴウオ幼魚を撮影。 深い場所にいる個体はたまたま動く個体だったのか、撮影中に逃げ回り、 残圧も少なかったので、撮影は途中で断念し2本目に期待。 2本目も駐車場中間からエントリーし、ダンゴウオ幼魚を探すと水深3〜6m位に複数個体いました。 ダンゴウオ幼魚がよく見つかる岡崎や下前と同じ位、見られたし、今月中は幼魚が見られると思う。 今回は幼魚中心だったけど、成魚も見られるのかな?、昨年見つけた沖壁の成魚は9月末まで見られた。 エキジットはトイレ前にして沖壁へ行かず、ダンゴウオ幼魚を探す、 残念な事にトイレ前付近は少ない感じで、海藻が多い場所では見つからず、 見つけるポイントは白いスベスベしたような岩、深浦は赤いスベスベした岩だったので衝撃的な発見。 昨年、見つけたカキ貝殻の中では見つからず、カキ貝殻の残骸は1個体いた。 リュウグウハゼ卵の画像 前回の5月4日の卵より成長が見られます、よく見ると尻尾みたいな感じで体の一部が見えます。 シロクラゲ?の画像 前回よりクラゲ群れが増えてます、沖壁で見られた、 陸奥湾全域ではないと思うので、潮の流れが関係しているのかな?。 撮影してないけど、クラゲの上方にはワレカラ群れがいて不思議な感じ。 クラゲの仲間の画像 カサを使って優雅に泳いでいた、触手が長く2m位あったと思う。キタユウレイクラゲ?。
見られた生物 ダンゴウオ、リュウグウハゼ、ハナジロガジ、 テネリア・ヴィリディス(通称ハツユキミノウミウシ)、オカダウミウシ、 カニの仲間、アカイソアミ、ヘラムシの仲間、クラゲの仲間

ダンゴウオ幼魚

ハナジロガジ幼魚

リュウグウハゼ卵1

リュウグウハゼ卵2

オカダウミウシ交接

オカダウミウシ卵?

カニの仲間

シロクラゲ?

クラゲの仲間1

クラゲの仲間2

クラゲの仲間3

クラゲの仲間4

日 付
天 気
気 温
水 温
通算本数
今年の本数
本日の本数
 5月12日
晴れ
18度
12度
1287本
35本
2本
潜水場所
青森県 深浦町 北金ヶ沢
macさん、お疲れ様でした。 今年初潜り楽しめたようで良かったです。 でも次回はこんなに見つけられる自信はありませんので期待しないで下さい。 岡崎予定でしたが、漁協の方が不在の為、北金ヶ沢へ場所を移動し、久しぶりに潜る場所。 前回も不在だったので、土日は定休日となったのか?、良い方法を模索しないと潜れなくなるのでしょうか?。 水温も上昇し魚も見られるようになってきました。 今の時期はダンゴウオ幼魚がそろそろ見られる時期なのですが、 北金ヶ沢のデータがないので撮影出来るか?と思いましたが、運良く撮影出来ました。 ダンゴウオ幼魚は水深10mでマボヤの上にいました、 マボヤの上は初めてです、過去にホテイウオ幼魚を撮影した例あり。 撮影出来なかったけど、ヤギウオに似た魚を見ました、一瞬クダヤガラかなと思ったけど、 また見つけたら、ぜひ撮影したいですね。
見られた生物 コケギンポ、ダンゴウオ、キヌバリ、ヒメギンポ、 キイロウミコチョウ、カスミハラックサウミウシ、シロウミウシ、エダウミウシ、 テネリア・ヴィリディス(通称ハツユキミノウミウシ)、エムラミノウミウシ、 マボヤ

ダンゴウオ幼魚 マボヤの上

キヌバリ

コケギンポ

キイロウミコチョウ